川谷農園<ハッピートマト>取材記  2003.12.15



川谷農園のハウスの中で、川谷希明さまと

 高知県安芸市川北の川谷農園の<ハッピートマト>に取材に行ってきました。
高知県海洋深層水対策室からご紹介いただきまして、深層水を葉面散布して作った美味しいトマトがあるとのことで、安芸市まで行って参りました。

高知県東部の中心<安芸市>は園芸作物の盛んな地域です。ナスの生産額は日本一の地域です。この安芸市でハッピートマトを生産しているのが川谷農園さん。取材当日は、出荷に忙しい合間を川谷希明さまにお話を伺いました。

トマトの生産は、ビニールハウスで行われています。室温24度〜26度のちょうど、今の時期過ごしやすい環境の中で摘果作業を行っておりました。真っ赤に熟れたトマトがもの凄い量です。すずなりになっております。この種類のミニトマトは、地元高知でもあまり見かけない、紡錘型の形状の色鮮やかな赤いトマトです。

このトマトは糖度が高く、10から13に達する甘いトマトです。関東のデパ地下で好評で、注文に生産が追いつかない状態になっているそうです。下の写真のビニールハウスが延々とつづいておりまして、作付け面積2100坪と言うことでしたから、凄い広さです。

川谷様に、深層水の効能について聞きましたが、土中と葉面から吸収させることで、病気に強く、また、糖度が高いトマトになるということでございました。その証拠に、トマトのつるや茎には、キラキラと光る脂質が浮き出た綺麗な状態が現れていました。

ディープシーショップで、もう翌日からでも売りたい、品質とおいしさのトマトでございますが、まったく受注分の生産が追いつかないのでと・・・すぐ販売は出来ないのした。イツ出来ますか?って川谷さんに聞きましたらなんと・・・
まことに残念ではございますが、追って商品ページは制作させていただこうと思っておりますので、しばらくお待ちくださいませ。

発売開始いたしました。(2004.3.1)限定1日10ケースのみで、受注後翌日の『発送予定ですが、品切れ多いので、メールで出荷日をお知らせ申しあげます。

ほんとに美味しいですよ!店主推奨!

商品ページはこちら


【出荷をまつハッピートマト】
 

【ミニトマトのアップ】
 

【摘果作業中】
 

【切ったところ】

【トマトの光る茎】

【ハウスの前で・・・】


トップ| 初めての方へ | お支払方法 | メルマガ購読 | プレゼント | 飲料水 | コロッケ | 玄米 | 豆腐 | 乾物 | | 漬物 | 入浴剤 | 育毛剤
copyright(c) DeepSeaShop(deepsea-info@ewalk.ne.jp) 1999-2002 all right reserved